b.glen





おすすめのトライアルキットはこちら






毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら




ビーグレンセール2016

 

 

 

ビーグレンセール詳細は公式サイトにて

 

 

ビーグレンセール 詳細はこちら

 

 

 

 

ビーグレンとは・・

 

 

○ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーが
コスメの域を超えたスキンケア製品

 

○効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日
以内は全額返金

 

○ニキビ、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ
でお悩みの方には特におススメ

 

 

 

こんな方にオススメです

 

○頑固なシミで悩んでいる 
○最近シワが増えてきて困っている
○毛穴の開きが気になる
○大人のニキビが治らなくて悩んでいる
○お肌がたるんで、顔が老けて見える

 

 

 

 

 

スキンケアおすすめガイド

顔を美白に近づけるには、肌の問題であるシミくすみもなくさないと綺麗になりません。美白のためには細胞のメラニンというものを取って、肌の若返り機能を早めるようなカバー力のあるコスメが必須条件です
現実的に、すでに存在している吹き出物や肌に水が少ないためにできる肌荒れを、今のまま治療しない状態にするようなことがあると、肌自体は益々刺激を与えられ、、どんなケアをしてもシミを作ることに繋がります。
美白を作るための化粧品の一般的な効能は、メラニン物質ができないように作用することです。美白アイテムを使うことは、日光を浴びることで今完成したシミや、ファンデーションで隠せるレベルのシミに目に見える効果を見せるでしょう。
あるデータによると、現代に生きる女性の5割以上の人が『私は敏感肌だ』と感じてしまっているのが実態です。現代男性でも似ていると感じる方は結構いると思います。
手に入りやすい韃靼そばに認められるシス・ウルベン酸と呼ばれる物質の中には、チロシナーゼと名付けられた物質の美肌に向けた活動をずっと止め、まさに美白に効果的な要素として話題をさらっています。
時々見受けられるのが、毎日の手入れにコストも使用して良いと思っている傾向です。お手入れに時間をかけている場合も、習慣が規則的でないと今後も美肌は難しい課題になります。
美肌を考慮して、化粧ノリがよくなるようなやり方の美肌スキンケアを継続するのが、年をとっても美肌を持っていられる、非常に大事なポイントと断定しても良いといえます。
血縁関係も関わってきますので、両親に毛穴の大きさ・汚れの広がり方が酷い方は、同等に毛穴が広範囲に及ぶと聞くことがあります。
水分を肌に与える力が優れている化粧水でもって不足している水分を与えると、健康に大事な新陳代謝が見違えるほどよくなります。顔中にできたニキビだとしても大きく変化せずに済むと考えてよいでしょう。たとえ少しでも乳液を使用するのは良くありません。
最近聞くようになったハイドロキノンは、シミを目立たなくさせるためにお医者さんで推奨される薬です。影響力は、今まで使ってきたものの美白力の100倍ぐらいと噂されています。
合成界面活性剤を多く入れている市販されているボディソープは、殺菌する力が強く顔の皮膚の負荷も比べ物にならず、顔にある皮膚の忘れてはいけない水分も肌を傷つけながら除去してしまいます。
潤いが望める入浴ミルクが、乾燥肌の問題を抱えている人に一考する価値のある物品です。保湿成分をふんだんに取り入れることで、寝る前までも皮膚に含まれた水を減らしづらくするのです。
適度に運動しないと、身体の代謝機能が弱くなります。体の代謝機能が下がることにより、頻繁な体調不良とか別のトラブルの元凶なると考えられますが、酷いニキビ・肌荒れもそれだと考えられます。
美白を阻害する要因は紫外線です。皮膚の再生能力減退も一緒になって、未来の美肌は望めなくなります。皮膚が古いままであることを生みだしたものは、ホルモン中の成分の弱体化にあります。
日常において夜のスキンケアの完成は、保湿機能を持っているとうたっている最適な美容液で皮膚の水分総量を維持することができます。そうしても肌が干上がるときは、乾燥している部分に乳液・クリームをコットンでつけていきましょう。